食材としての薬味の食事への利用方法と効果

by author



食材の中には、食事にうまく取り入れて体を温める作用があったり、消化を助ける作用といったさまざまな効用があるものがあります。


それは薬味です。

例えば、夏に食べるそうめんや冬に食べる鍋には、ネギやしょうがといった薬味をめんつゆやポン酢に加えます。

料理に薬味の食材を加えると、香りや彩が添えられて食欲が増す効果もあります。

それぞれの薬味の食材には、さまざまな体への良い影響があります。

またその他にも料理に使用することによって、食材の臭みを消す働きをする薬味もあります。

三陸海宝漬を情報を幅広くご活用下さい。

ダテという薬味には、独特の香りや辛みがあるのが特徴です。

ダテの葉をすり潰して酢でのばしたダテ酢は、鮎の塩焼きを食べる時に使用されます。

ダテ酢を使用することによって、鮎の臭みを消す作用があります。
薬味の効用としてよく知られているのが、しょうがです。


しょうがを摂ることによって、冷え性の改善に利用している方も多いです。
その他にも、しょうがには、殺菌効果があるので、食中毒の予防にも役に立ちます。
ネギやニンニクといった薬味の食材には、包丁で切断すると酵素の働きにより、刺激臭のあるアリシンになります。

このアリシンが体内のビタミンB1の吸収を高めて、新陳代謝を活発にする働きがあります。

また彩に添えられる青シソは、香りのよく消化を促す作用があります。そして刺身と一緒に食するワサビがあります。

ワサビは、香りが良く、独特の辛みで、脂ののった食材でもさっぱりと食べることができる薬味です。
ワサビには、これ以外にも食欲増進の作用があります。

T-SITEの知識が身につきます。

また消化器系の寄生虫を駆除する働きもあります。

ただし薬味の摂り過ぎには注意も必要なことがあります。

ワサビは刺激が強いので、胃潰瘍といった症状がある方は控える必要があります。



またしょうがも、のぼせといった症状がある方は摂りすぎない必要があります。

食材としての薬味の使い方は、少量ずつ食べることが基本になります。

薬味を料理や食材に活かすことによって、体に良い働きや効果が生まれます。